『拳聖澤井健一先生 -太気拳とは何か?-』太氣拳開武70周年記念増補版


太氣拳とは何か?
武に生きた拳聖澤井健一先生の生涯と
太氣拳の技の中に真の武の道がある。 
 実戦空手各流派の高段者が修行に取り入れている太気拳。その宗師・澤井健一の生涯の記録を後継者の佐藤嘉道師範が記した名著の復刻。
 新たに未公開写真を多数掲載して武道家や格闘技ファンの熱い要望に応えた保存版。さらに追章として佐藤師範が現在の心境を語り、神宮の杜での稽古や欧州太氣拳、日欧交流稽古の秘蔵写真を24頁にわたり掲載した増補版。
 武道一筋に生きた拳聖澤井健一先生の生きざまに武の本質が視える。
——本書は、澤井先生の本来の姿、闘いを通しての人間性、言い換えれは“無我の 境地”で立ち合っている先生の姿そのものを顕現することを目的として、書いた ものである。他の技術書とその質を異とするところは、技を高度に発達させる技術とか基本的諸動作とかいうものを極力避けて、実際の立ち合いにおける気、気魄、気力を重点的に述べたところにある。——(まえがきより抜粋)
 澤井先生に接したことのある多くの稽古生たちは、自然の森羅万象から“静”と“動”の気分を養うことを知り、自分の武の道に大きな希望を抱いたことであろう。澤井先生を知るということは、数千年の歴史を持つ拳法の道を知ることにもつながる。

著  者 佐藤嘉道
定  価 2,700円(税込)
判型 ・頁数 四六判上製・272頁
概  要 太気拳と拳聖澤井健一・武の神髄
発 売 日 1998年4月10日/2005年9月4刷出来/2017年3月10日増補版発行
I S B N 978-4-434-22937-4
カテゴリー: 太気拳, 書籍 パーマリンク