『站椿 -驚異の意念パワー-』

「站椿」とは、意念を用い静止した状態で身体内部のエネルギーを増強する訓練。意拳創始者・王向齋先生はこの站椿を重視し、生涯をかけ「身体内部のエネルギーを如何に実戦に合理的に運用するか」を追究した。また門外不出といわれたこの訓練方法を公開し、晩年は治療分野においても多くの功績を残した。最強中国拳法[意拳]の強さの秘密はまさにこの站椿にあり、この椿法を修練することから[驚異の意念パワー]への宿命的な飛躍が始まる。

【主な内容】●理法編—站椿とは何か?●技法編—站椿・初級(渾元椿etc.)/站椿・中級(技撃椿etc.)/站椿・高級(降龍椿etc.)/站椿・養生椿(休息椿etc.)/試力・定歩(丁八歩旋法試力etc.)/試力・走歩(走歩抜水試力etc.)/摩擦歩(定歩摩擦歩etc.)/正師に就かざれば、学ばざるに如かず

著  者 久保勇人
定  価 2,700円(税込)
判型 ・頁数 A5判上製・168頁
概  要 各種の站椿・試力・摩擦歩を詳解
発 売 日 2002年8月30日
ISBN 978-4-434-02254-8
カテゴリー: 意拳, 書籍 パーマリンク