投稿者「admin」のアーカイブ

実戦中国拳法・太気拳

澤井健一著 定価=2,500円(税抜き)) 発行=日貿出版社 TEL:03-5805-3303 「気」って何だろうか? かつて「触れずに人を飛ばす気のパワー」などと大々的にマスコミでもてはやされていたことをご記憶の方も多 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ&推薦本 |

肥田式簡易強健術

吉田信恭監修/肥田式強健術研究会編 定価=1,260円(税込) 発行=壮神社 TEL:048-287-1588 君は肥田春充を知っているか? 彼は幼少の頃より病弱だった。しかし18歳の時に発奮、心身の根本的改造を志し、古 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ&推薦本 |

バイタル柔道 [投技編/寝技編]

岡野功・佐藤哲也著 定価各2,940円(税込) 発行=日貿出版社 TEL:03-5805-3303 バルセロナ・オリンピックのジュウドウをイライラしながらTV観戦していた私は、ふっと岡野功氏を思い浮かべた。彼は1964年 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ&推薦本 |

太気拳 ~拳聖澤井健一先生の遺した心技~

純粋に、武道一筋に生きた澤井健一先生の 生涯の記録はそのまま“武道哲学”となり得、 武の道を志す者に 新鮮な息吹を投げかける……。 太気至誠拳法 不思議な身体の動き、効果があるのかないのか、まったく見当のつかない技ばかり … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ&推薦本 |

レジェンド ~格闘王国オランダの新たな伝説~

極真空手、キックボクシング、太気拳、フリーファイト、K-1…。 あらゆる格闘技で活躍するダッチ・ファイター。 その強さの秘密を探る。   オランダの武道 オランダは人口が1500万人にも満たない小さな国だ。しか … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ&推薦本 |

太気拳と意拳

拳聖・澤井健一先生が創始した[太気拳]。 その源流・王向齋先生の[意拳]が今、 中国武術界で新たな注目を集めている……。 意拳は本当に継承されているのか 「半歩あまねく天下を制す」と謳われた形意拳の達人・郭雲深先生の高弟 … 続きを読む

カテゴリー: エッセイ&推薦本 |

バンコク・自分探しのリング ~ムエタイを選んだ5人の日本人~

「生きる手触り」をムエタイのリングに求めて 単身バンコクに渡った5人の若者たち。 そこで見つけたものは……。

カテゴリー: エッセイ&推薦本 |

『武士道教育総論』

風間 健・著 定価2,000円+税 壮神社 (TEL:048-287-1588)  《文と武について、世間では大きな考えちがいをしている。世間では歌を詠み詩をつくり、文筆が達者で気立てがやさしく優雅なのを文とい … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

『武田惣角と大東流合気柔術』

合気ニュース編集部・編 定価2,000円+税 合気ニュース (TEL:042-748-2423) 万延元年(1860)に二人の偉大な武術家が誕生している。一人は柔道の創始者・嘉納治五郎、もう一人は大東流合気柔術中興の祖・ … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

『嘉納治五郎~私の生涯と柔道~』

嘉納治五郎 著 定価1800円+税 日本図書センター (TEL:03-3947-9387) 横浜・山下公園に隣接する港に、永い役目を終えて停泊している日本郵船氷川丸。この船で海外に赴き、あるいは帰国の途についた多くの先達 … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

『新訂 孫子』

金谷 治・訳注 定価500円+税 岩波書店 (TEL:03-5210-4000)  『七書』として中国の兵書の代表とされるものに、『孫子』『呉子ごし』『司馬法』『尉繚子うつりょうし』『李衛公問対りえいこうもんた … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

武と知の新しい地平―体系的武道学研究をめざして―

身体運動文化学会・編 定価2,500円+税 昭和堂 (TEL:075-761-2900)  本が売れなくなったと言われて久しい中、武道・格闘技の分野は意外に健闘しているようだ。しかし、他分野からの進出組を含め、 … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

武道のススメ

盧山初雄・著 定価1,524円+税 気天舎(TEL:03-5976-0621)  《強さと優しさを持って世の中を歩くこと、これが本来の意味での武道だと思う。 武というのは、矛ほこ(武器)を持って歩むようすを表す … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

『板垣恵介の格闘士烈伝』

板垣恵介・著 定価1,400円+税 徳間書店 (TEL:03-3573-0111)  《そしてその生命体は超絶な力に裏打ちされている。 例えば、八巻建志。95年のこと、俺は彼の蹴るミットを持つ機会があったんだ。 … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

『高野佐三郎 剣道遺稿集』

堂本昭彦 編・著 定価2,796円+税 スキージャーナル (TEL:03-3353-3051) 「怪力」で知られる若木竹丸翁が入滅した。二十世紀最期の年が始まったばかりの正月三日のことだった。 若木翁は明治45年1月20 … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

『合葬(がっそう)』

杉浦日向子・著 定価447円+税 筑摩書房 (TEL:03-5687-2687)  《ハ・ジ・マ・リ 「……このきせるはちょいと面白いね、アノー上野の戦争の時分にゃ随分驚いたね、エエ!?ウン、雁鍋の二階から黒門 … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

『日本剣客伝・三~柳生十兵衛・堀部安兵衛~』

山岡荘八/吉行淳之介 著 定価505円+税 朝日新聞社 (TEL:03-3545-0131)  『日本剣客伝』は全五巻で朝日文庫の一シリーズとして出版されている。『週間朝日』に掲載されたもので、塚原卜伝・上泉伊 … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

『レジェンド~オランダ格闘家列伝~』

フレッド・ロイヤース & クン・シャルンベルフ 著 定価1800円+税 気天舎(TEL:03-5976-0621) オランダといえば一般的には風車、木靴、レンブラント、ゴッホ等々思い浮かんでくるが、私たちにとっては何と言 … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

『生命知としての場の論理~柳生新陰流に見る共創の理~』

清水博・著 定価738円+税 中央公論社 (TEL:03-3563-1431) 何やら難しいタイトルだが、この本に出会ったのが極真会館本部道場のある東京・池袋の芳林堂書店・武道書コーナーである。何でこんな本が武道書の棚に … 続きを読む

カテゴリー: 書評・晴練雨読 |

『打拳 -驚異の意念パワー-』

[打拳]の打とは、意拳において頭、肩、肘、拳、掌、脚などの身体各部を合理的に用い、主に相手の身体内部に鋭い波動衝撃を与える技法。身体各部を瞬時に武器化し、相手を粉砕する凄まじいパワーは想像を超えるものがある。その[打拳パ … 続きを読む

カテゴリー: 意拳, 書籍 |